75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が施行された3月12日から5月末までの約2か月半に、検査を受けた全国の43万1338人のうち、2・7%にあたる1万1617人が、医師の診断が必要な「認知症のおそれ」と判定されたことが、警察庁への取材でわかった。

 同庁はこのうち2000人超が免許停止か取り消し処分の対象になると推計している。改正法施行後、検査結果が判明するのは初めて。

 改正法は75歳以上に対し、3年に1度の免許更新時と信号無視などの違反の際、判断力や記憶力を測定する認知機能検査を義務づけた。検査は、当日の日付や曜日を答える「時間の見当識」、絵を見て簡単な質問に答える「手がかり再生」、時計の文字盤に時刻を書く「時計描画」の3項目。認知症のおそれ(第1分類)、認知機能低下のおそれ(第2分類)、問題なし(第3分類)に判定される。

(ここまで381文字 / 残り502文字)

2017年06月24日 06時08分 読売新聞
http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170623-OYT1T50174.html?from=ytop_top
http://yomiuri.co.jp/photo/20170624/20170624-OYT1I50000-1.jpg

コメント一覧
交通事故が増えるな
おそれのある連中を免許剥奪せい。
殺人予備軍が一万人もいるわけだな。
日本の治安悪すぎ
【東京】75歳以上のドライバー 1万人超が認知症の恐れ 警視庁まとめ©2ch.net
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498223112/
認知症ビジネスが横行している
老人ボケだろ
認知症とスマホ。
これらが重なりあった時最もテロが発生する。
60代でも認知症は結構居るだろ
キチガイに刃物だな
解決法は簡単だ
自動ブレーキを装備しないクルマの市販を禁止しろ
自動ブレーキはドライバー側では解除不能とすべきだろうな